スポンサーリンク

転職の全10ステップ

転職

年収ランキング常連企業から超大手企業へ転職した管理人Matsutakeが、転職方法について10ステップでまとめます。

Matsutake
Matsutake

私も最初はよく分からず、苦労しました。
この経験を知っておくだけで、効率的に転職活動ができます!

まつたけさん
まつたけさん

転職大変だったなあ(遠い目)

転職する理由を整理する

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】
まず、なぜ転職したいのか整理しましょう!

まつたけさん
まつたけさん

何を目的とするかで進め方変わるもんな。

あと、理由がはっきりしてないとモチベーションが続かない、、

転職は大変です。労力がかかりますし、家族へも少なからず迷惑をかけます。
そのコストをかけてでも転職すべきか一度整理しましょう。

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

その理由は現職にて改善する余地がありませんか?

転職後に「前職のままで良かったのでは?」とならないよう、
現職での改善をトライし、玉砕しておきましょう。
現職でトライして改善されるのであれば、儲けものです。

まつたけさん
まつたけさん

現職で改善できるのであれば、一番楽ちんやからの

現職では改善できない(我慢もできない)と判断するのであれば、転職を検討すべきです。
あなたの時間を会社のために浪費する必要はありません。

家族に理解をもらう

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

独身でない方は家族に理解をもらいましょう!

まつたけさん
まつたけさん

既婚者は少し難易度あがるのぉ

妻や子供からすると、転職は生活がどう変わることになるか分からないので、大きなストレスになります。
あとでもめないよう、相談しておきましょう。

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

理解をもらい、転職先について相談し、進捗状況は随時報告しましょう!

協力してもらえれば、心強い味方となります。
私も随分支えてもらいました。

まつたけさん
まつたけさん

嫁が優しくてよかったな

転職エージェントへ登録し、求人を探す

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

複数の転職エージェントへ登録しましょう!

エージェントには当たり外れがあるので、複数社と面談し、信頼できる方に求人を紹介してもらいましょう。

まつたけさん
まつたけさん

ハズレとか言うんじゃねえ、

誰が言っとんじゃ

私は4社登録し、その中から2社(DODAとリクルートエージェント)と並行して進めました。

Matsutake
Matsutake

【Matsutake見解!】

個人的なオススメはDODAです!

エージェントのレスポンスの速さ、やる気、アドバイスの的確さがピカイチでした。
ただ、興味ある企業の求人を見るために毎回エージェントに検索依頼をしないといけない点がネック。求人検索のスピード感がなくなります。

異なる経験や情報をお持ちの方がいましたら、お問い合わせフォームからご連絡頂けますと助かります。

Matsutake
Matsutake

【デメリットなし!】

個人的なオススメはDODA!

登録していない方はこちらから。

もちろん利用は全て無料です↓

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

求人検索はリクルートエージェントで!

リクルートエージェントは登録すると、全ての求人をアプリから検索できます。
DODAのようなエージェント経由が不要のため、求人検索が捗りました。

私は、

  1. リクルートエージェントアプリで求人検索
  2. 気になった求人がDODAにないかエージェントへ問い合わせ
  3. DODAにあればDODAから応募、なければリクルートエージェントから応募

という使い方をしました。

ほとんどの求人がDODAにもあったので、基本はDODAから応募していました。

職務経歴書を作成する

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

気になる求人を見つけたら、職務経歴書を作成しましょう!

求人を見つける前でも職務経歴書を書けますが、先に求人を見つけた方が書くモチベーションが上がります。

職務経歴書作成では

  • 転職先で役に立つ実績を、シンプルにわかりやすく漏れなく記載する
  • 第三者の意見をもらう

の2点が大切なポイントになります。

採用担当者が職務経歴書を読む時間は10秒から1分程度と言われています。
この短時間でどれだけわかりやすくアピールできるかが勝負です。

転職エージェントや周りの方に読んでもらい、シンプルな文章になっているか必ず確認してもらいましょう。

Matsutake
Matsutake

【もちろん無料!】

Matsutakeも職務経歴書の添削を受け付けております!

転職頑張る皆様を応援したいので!

まつたけさん
まつたけさん

ちゃんと添削しろよ

興味のある企業へ並行して応募する

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

気になる求人を見つ興味のある企業は片っ端から応募しましょう!

転職活動における書類選考率は約1割ほどと言われています。
大企業になれば応募数も多いため、さらに狭き門となります。

Matsutake
Matsutake

【実体験!】

Matsutakeの実体験ですが、
転職先においては「是非来て欲しい」との絶賛がエージェント経由で伝わってくるほどの高評価であったにも関わらず、
その他企業の多くでは書類選考で落とされていました。

まつたけさん
まつたけさん

良かったな、拾ってもらえて

応募するかどうかを悩んでいる時間はもったいないです。
書類で落ちる可能性のほうが高いので、書類が通ってから企業研究しましょう。

Matsutake
Matsutake

【注意!】

注意点ですが、興味のある企業には全て応募しておきましょう!

新卒採用と異なり、中途採用においては最終面接通過から入社意思表明までの期間が1週間ほどであることが普通です。

まつたけさん
まつたけさん

つまり、

志望度が高い順に最終面接が実施できるよう日程を調整する必要があるぞ

志望度が高い会社の結果が出ておらず入社判断できない事態にならないよう注意しましょう。

書類選考が通った企業の研究をしましょう

まつたけさん
まつたけさん

企業研究は大変だったなあ(遠い目)

  • 自分のどの経験がその企業で役に立つか(経験の整理)
  • 転職理由(経験から得た変えたいポイント)
  • その企業への志望理由(変えたいポイントがその企業で変えられるか。その企業でなければならない理由があるか)
  • 5,10年後どうなりたいのか(将来を見据えた企業選択になっているか)

面接では上記4点を中心に深掘りされることになります。
この4点の一貫性を保ちながら説明できるよう準備しましょう。

この4点が説明できないのであれば、その企業はあなたに合っていないのかもしれません。

面接を重ねて合格する

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

笑顔を忘れず!

まつたけさん
まつたけさん

シンプルだが超重要!!!

面接に進んだということは、企業側はあなたの経歴を魅力的に感じています。
自信を持って笑顔で臨みましょう。面接開始一発目、笑顔でハッキリと挨拶することが重要です。
以降も笑顔を絶やさぬよう努めてください。

転職の不安を静める。転職を決心する

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

ステップ0で整理した転職理由をもう一度再確認しましょう!

転職は恐いです。人間は変化が恐い。
私もとても不安に感じました。

その時は、ステップ0で整理した転職理由をもう一度再確認しましょう。
この不安を乗り越えてでも転職することに価値があるから、ここまで転職活動をしてきました。
変化が恐いことを認め、強い心を持って転職を決心し、企業へ入社意思を表明しましょう。

Matsutake
Matsutake

【とは言いつつ!】

ここで思い直して転職をやめることもあなたの自由です。

実際に転職活動をしてみて感じることもあると思います。
後悔しないよう周りに相談し、自分で考えぬきましょう。

Matsutake
Matsutake

【注意!】

時間はあまりないです!

最終面接通過から入社意思表明までの期限は一般的に1週間程度です。
決心できないまま時間切れとなることがないようにしましょう。

退職交渉する

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

退職交渉は退職日に対して余裕を持って進めましょう!

まつたけさん
まつたけさん

事前に就業規則を確認しておくことがポイント!

法律上は2週間前に退職意志が表明できれば問題ありませんが、
就業規則にてそれよりも早い表明(1ヶ月前など)を要求している場合もあります。
就業規則を確認してそれに従う形で表明した方が円滑に退社することができます。

Matsutake
Matsutake

【Check Point!】

退職意思を伝えるために、上司とのミーティングを設定しましょう!

意志表明のコツとしては、

  • 転職を切り出したら引き返さない
  • 転職先の会社名は出さない

の2点です。

上司は自分の成績に傷がつくため必死に引き止めようとします。
昇給や昇進を提案されることもあるでしょう。

それでも強い意志をもって断りましょう。

現職を退職し、転職先へ入社する

ここまでくればあとは手続きだけなので、一安心です。
転職先の人事担当者と連絡とり入社準備を淡々と進めていきましょう。

Matsutake
Matsutake

ご健闘ををお祈り致します!

まつたけさん
まつたけさん

お祈り致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました