スポンサーリンク

入社してすぐ転職したいと思った時はすぐに転職活動を始めた方がいい(でも辞めない)

転職

年収ランキング常連企業から超大手企業へ転職した管理人Matsutakeが転職についてまとめます。
質問や異なるご意見がある方は、お気軽にお問い合わせください。

すぐに転職活動を始めた方が良い3つの理由

理由は3つあります。

① 若いということは、それだけで価値がある
② 転職を意識しながら働くと、自分の市場価値を高められる
③  現職で感じる息詰まりを軽減できる

若いということは、それだけで価値がある

「石の上にも3年」とあるように日本人は我慢して続けることに美徳を感じる文化があります。
周囲の人に転職したいと話すと「とりあえず3年は続けたら」などとアドバイスされることは少なくないでしょう。

続けることで得られるものもあるかと思いますが、転職市場においては失うものもあります。
それは「若さ」です。

「若さ」はそれだけで価値があります。
第二新卒という言葉があるように、若いというだけで実績だけでなくポテンシャルを評価してもらえます。

Matsutake
Matsutake

Matsutakeはここがわかっておらず、失敗しました。

まつたけさん
まつたけさん

もうおっさんだもんな

「すぐ転職を考えるようなやつはウチの会社にはイラン!」という会社も確かにありますが、
一方で、ポテンシャルを秘めた若い人材を求めている会社があることも事実です。

今すぐ辞めた方がいいという話ではありません。
何も考えずとりあえず仕事を続けるのではなく、転職エージェントに相談するなどして希望を叶えられる転職先がないか、なるべく早めに情報集めすることを推奨します。
若ければ、異業種・異職種へも転職しやすいです。

話が逸れますが、「結婚」も転職時の壁の一つになります。

Matsutake
Matsutake

Matsutakeも少しだけこの壁に当たりました。

まつたけさん
まつたけさん

そんなこと言っていいのか、チクるぞ


結婚すると、収入をキープしなければならなかったり、住む場所が制限されたりします。
(例えば子育てのために妻の実家の近くが良い・子供の学校区を変えたくないなど。)

仕事や住む場所を自由に選択できる期間は非常に貴重です。
「若さ」とは異なる軸ですが、「結婚していない」ということも、強みの一つになります。

  • 勤務地が制限されない
  • 年収を気にせず好きな仕事を選べる

という意味で。

Matsutakeイチオシ!もちろん全サービスが無料!

転職を意識しながら働くと、自分の市場価値を高められる

転職活動をすると、転職市場で求められる実績がわかります。
職務経歴書も一度書いてみることをお勧めします。

Matsutake
Matsutake

これが難しい!!!

まつたけさん
まつたけさん

最初は何も書けなかったなあ(遠い目)

就職した会社でただ働いているだけだと、「他社でどのような能力が求められているか」がわかっていないので、職務経歴書にどういう観点で書けば良いのかわからないのです。
(Matsutakeもわかりませんでした。)

  • 転職市場で求められている実績・観点を知る
  • それが身に付き、職務経歴書に記載できるようキャリアを積む。
     可能であれば職務経歴書も随時更新していく

これができれば自然に市場価値が高まります。(転職のハードルが下がります。)

現職で感じる息詰まりを軽減できる

日本のサラリーマンの難しいところは「一つの会社に40年近く勤め続けなければいけない」という点です。

そのため就職した会社に違和感を感じると、
「この違和感を持ちながら残りの長いサラリーマン人生を続けられるのか?」
ということを悩み続けることになります。

Matsutake
Matsutake

Matsutakeはとても悩みました。

まつたけさん
まつたけさん

クソ悩んでたな

この時、転職の選択肢があると、
「この悩ましい期間は次のステップアップのための期間」
と考えることができ、現職で感じる息詰まりを軽減できます。

「選択肢がある」ということはやはり強いです。
「最悪、転職すればよい」と考えられると、精神的に安定しながら、前向きに挑戦できます。

若い時期に限らず、「いつでも転職できる」状態にしておくことは、人生を安定させる上で一つ重要なポイントであると考えています。

Matsutakeイチオシ!もちろん全サービスが無料!

コメント

タイトルとURLをコピーしました