スポンサーリンク

長時間労働高年収の大企業を辞めた理由と不安

転職

長時間労働高年収の大企業から超大手企業へ転職した管理人Matsutakeが高給を辞めた理由と、その時感じた不安についてまとめます。

辞めた理由

まつたけさん
まつたけさん

長えな

Matsutake
Matsutake

真面目に書いたら長くなってしまた、、


マネージャー側になり、自分のキャリアに危機を感じ始めたことが1番の理由です。

まだプレイヤーとしてやりたいことがあるにも関わらず、マネージメント(外部ベンダーの管理や社内外調整)をして一生を過ごすことに不安を感じていました。

キャリアについては上司とも相談しましたがすんなり希望が通るはずもなく、働いている時間が(自分の望むキャリアに繋がらないという意味で)無意味に感じられ、勤務時間が辛かったです。
意義があまり感じられない仕事をすることがこんなにしんどいとは知らなかったです。

「市場で通用する技術スキルではなく、マネージメントという名の現職に特化された能力」しか身に付かない可能性があり、転職という選択肢がなくなることに不安がありました。

心身が健康で、会社の調子も良ければ転職なんて必要ないのかもしれませんが、良い状況が続くとは限りません。変化に対応できる選択肢(転職して環境を変えるという選択肢)を用意することがリスクヘッジになると考えていたため、技術スキルの成長を見込める会社への転職を目指しました。

また、30代は転職市場での評価のされ方が変わるという点で難易度が上がりますし、プライベートにおいても転職難易度が一段上がりやすくなります。
(プライベートに関しては各人のライフステージによるので、一概には言えませんが。)

満足できる転職ができる最後のチャンスとなる可能性があると感じ、転職活動を始めました。

高年収を捨てる不安

まつたけさん
まつたけさん

なげえな、、(2回目)

Matsutake
Matsutake

真剣に書いたら、、(以下略、2回目)

上記の不安があり転職を決意しましたが、前職の年収待遇が良すぎたため、年収を減らす選択肢しかありませんでした。
高年収を捨てる覚悟はできていたつもりでしたが、想像以上に不安を感じました。
それでも転職できたのは、前職を続けることは高年収以上に大きなものを失うと感じたためです。

やりたい仕事もできず、家族との時間も少なく、市場価値がこれ以上あげられるとも感じられない状況。
いつ終わるかわからない人生の残り時間を、やりたいことでもなく、家族のためでもなく、お金のためだけに使う働き方を変えたかった。
死ぬ直前に後悔したくなかった。
私が高年収を捨てられた理由はここにあると思います。

人生で何を大事にするのか。お金が大事な人は長時間労働高年収でもやっていけるのだと思います。

私の場合は、実際に社会人として働き、結婚し、子供が産まれる中で自分の人生で大切にしたい優先順位がはっきりしてきました。
(本来であれば就活の時に考えとけよという話ですが。自己分析ってやつですね。)

今のところ、この選択をして良かったと感じています。この先後悔するようなことがあればまた更新しようと思いますが、あまりそうはならない気がしています。

まつたけさん
まつたけさん

今のところはな!

Matsutake
Matsutake

ご質問あればお問い合わせください!

まつたけさん
まつたけさん

ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました