スポンサーリンク

転職先入社までの空白期間の社会保険はどうなる?

転職

退職日と転職先入社日が連続する場合は問題ありませんが、
退職日から入社日まで期間が空く場合、社会保険手続きを各自で行う必要があります。
忘れると将来ペナルティを課される可能性がありますので、正しく手続きを終わらせておきましょう。

結論は、

  • 健康保険: 国民健康保険か、前職の健康保険任意継続制度に加入する必要がある。
  • 年金: 退職日の翌日から入社日までの空白期間が月末日を含む場合は、国民年金に加入する必要がある。

です。

健康保険は国民健康保険か任意継続制度に加入する

健康保険とは?

日本は「国民皆保険制度」をとっており、全国民は公的な医療保険制度に加入する義務があります。
病院に行かなければ無保険でも問題ないとアドバイスする方もいるかもしれませんが、
これは義務ですので、必ず対応しましょう。

国民健康保険とは?

国民健康保険は、都道府県及び市町村が保険者となって運営する公的な医療保険制度です。
企業の健康保険に加入しない場合はこちらの制度に加入する必要があります。
各市区役所で加入手続きができます。

任意継続制度とは?

任意継続は、退職後も前職の健康保険に2年間継続加入できる制度です。
条件として退職前に2か月以上の期間、その健康保健の被保険者である必要があります。

国民健康保険と任意継続制度のどちらに加入すべきか?

結論としては、保険料の安くなる方にしましょう。

それぞれの保険料は、前年度年収や扶養家族数などで変化しますが、どちらの保険料も市区役所や健康保険組合に聞けばすぐに回答してもらえます。
次の転職入社日の情報を伝え、確認してもらいましょう。

Matsutakeの場合は任意継続の方が月1.7万円ほど安かったため、任意継続制度へ加入しました。

年金は空白期間が月末日を含む場合は、国民年金に加入する必要がある。

年金とは?

年金は、日本国内に住所のあるすべての人が加入を義務づけられている社会保険です。
その人の働き方により加入する年金制度が決まっており、支払い期間により老後に受け取らことができる年金額が決まります。

国民年金に加入するべきかは月末日の在籍状況で決まる

年金保険料は月単位で計算し、その月の末日に会社に在籍しているかどうかで判断されます。
退職した場合、翌月に新しい企業に入社したとしても、退職した月の分の保険料が未納となり、空白期間が生じてしまいます。
退職した月の末日までに入社しない場合は、必ず国民年金加入の手続きをしましょう

なお、月の末日に退職し、翌月途中から新しい会社で厚生年金保険に加入した場合は、退職月は前職で加入状態、入社月は転職先で加入状態にありますので、1カ月分の国民年金保険料を支払う必要はありません。

まつたけさん
まつたけさん

ムズイね!

Matsutake
Matsutake

ムズイよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました